どのような商品にも男性用と女性用があります。もちろん、時計にも男性用と女性用があります。

世界共通?!売れている時計はここが違う

人気のレディス用の価格は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
時計は会社員が良くしている印象があります。
それに時間に追われている人も腕時計を良くしています。
日本だけではなくて、海外でも腕時計をしている人はいますし、ほとんどの人は家に時計があります。
レディース用の商品は国内にも多くあります。
様々な商品にレディース用があります。
紳士用も国内と海外とでは売れ筋も違ってきますが、レディース用も紳士用と同じように国内と海外とでは違ってきます。
腕時計を身に付ける女性が多いのは国内も海外も同じです。
最近は特に多くなってきました。
携帯でも時間は分かりますが、携帯の場合はいちいち取りださないといけないという事があります。
それだけに腕時計をはめている人は男女問わずいます。
ほとんどの人は物を買う時、価格を見て決めます。
価格以外でも機能性や丈夫さ、それにデザインなどで決める人も多いです。
しかし、最終的には価格で決める人は多いです。
価格で決めると言っても価格だけ安くてもだめです。
価格だけ安い商品はほとんどの人は買いません。
価格も安くて、他の所もすぐれている商品だったら購入する人は多いです。
それは紳士用もレディース用も、そして、子供用も同じ事です。
紳士用でも高い物もあれば安い物もあります。
紳士用と同じようにレディース用もいろいろな価格の商品があります。
紳士用もブランド品になると10万円以上する価格の物がたくさんあります。
レディース用も紳士用と同じようにブランド品になると高額な商品がたくさんあります。
男性に比べてもブランド志向が強い女性が多いですからブランドの時計を身に付けている人も多いです。
ブランド品を身に付ける人は多いですが、男性と女性で根本的に違うのは女性の場合はプレゼントで貰うケースも多いです。
女性の場合は自分で購入するのとプレゼントしてもらうのとでは価格が違う場合もあります。
それは男性にも言えます。
自分で買う物は安く抑えたいけど、人にもらう物は高価な物が良いというのは男女共通でもあります。
しかし、プレゼントされる回数は女性の方が多いですから女性の方が高価なプレゼントをもらっているという感覚になります。
男性用と同じようにレディース用も何千円の物から10万円以上する物まであります。
価格の幅は広いですが、売れ筋となると男性用よりも低い価格になります。
もちろん、高い価格の物も売れていますが、1万円前後の物が良く売れています。
レディース用は価格がものすごく高い時計というよりはデザイン重視で決める場合が多いです。

関連リンク