国内でも海外でも売れ筋商品はありますが、国内と海外とでは売れ筋も若干、変わってきます。

世界共通?!売れている時計はここが違う

国内と海外の時計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
時計はほとんどの国にあります。
しかし、人気の時計となると国による違いはあります。
日本では腕時計をしている人が多いですが、海外では少し違います。
海外でも、もちろん腕時計をしている人は多いですが、していない人も多いです。
日本はしていない人もいるけど、している人の方が多いです。
そこが少し違います。
それだけに人気がある商品もそうですが、売れ筋商品も日本とは少し異なってきます。
国内と海外で同じ事といえば、人気があるメーカーと、人気があまりないメーカーとに分かれるという事です。
昔は国内の場合は安いものが、海外の場合はブランド品のような価格が高いのが売れていました。
しかし、最近は価格よりも質にこだわる人が多くなりました。
価格が高くても質が悪い商品もあります。
その逆に価格が安いのに、質が良いという商品もあります。
それだけに価格だけで質が良いのかははっきりと分かりません。
買ってみて初めて商品の出来が分かる物もあれば、店舗に並んでいる状態のうちから分かっている場合もあります。
海外は日本と少し売れ筋は違います。
日本では価格の高い物も売れる事は売れますが、価格が安い物の方が売れ安いです。
しかし、海外はもちろん、価格が安い物も売れます。
しかし、価格が高い物も多く売れます。
それだけに国内と海外とでは売れ筋もだいぶ違ってきます。
国内ではG-SHOCやソーラー電池時計に人気が集まっています。
海外では高級な時計の売れ行きが良いです。
国内でも高級志向な人はたくさんいますが、海外は人に見られる物ほど、お金をかける傾向にあります。
それだけに腕時計は腕にはめますから外を歩いていると人に見られる可能性は高いです。
それだけに地域によっては外に出ている物にはお金をかける人は多いです。
国内にもそういう人は多いですが、地域による違いはほとんどありません。
海外の時計でも国内で発売もされていますから国内で買う人もいます。
しかし、本場の国で買う人は多いです。
国内の商品が好きな人は多いですが、海外の商品を好きな人もたくさんいます。
人によって、好みは分かれます。
カラーや機能性などは国内の商品も海外の商品もほとんど変わりません。
しかし、デザインは国内と海外の商品では異なる所もあります。
海外の時計はブランド品を買う人が多いです。
それだけに海外の時計の売れ筋はブランドに集中しています。
国内の商品の場合は、それほどのブランド志向はないのですが、海外の商品になるとブランド志向が表に出ます。